人材育成/さくらリバース流「7つの習慣」

「さくらリバース治療院」名古屋市・瑞穂区・南区・北区・名東区・東区・千種区・佐世保

「ブログ」

背景画像

人材育成/さくらリバース流「7つの習慣」

さくらリバース治療院公式HP

人材育成/さくらリバース流 7つの習慣

名古屋市瑞穂区・千種区・名東区・北区に治療院がありますさくらリバース治療院です。

みなさま、7つの習慣って聞いたことありますか?

一番有名な「7つの習慣」とは、米国のスティーブン・R・コヴィー博士がアメリカ建国以来、成功者に関する200年分の文献を緻密に調査・分析し、導き出した考え方です。

今日はその「7つの習慣」お話ではなくて、さくらリバース総院長である阪口から発信されている「さくらリバース流 7つの習慣」についてお話したいとおもいます。

元さくらリバーススタッフは、いまごろ「あー懐かしいー!!」と、悶絶されていることでしょう。

治療師は、何度も7つの習慣をおぼえ、腹におとし、暗記をし、実践します。それはもう夢に出てくるくらい。

そのくらい成幸するならマインドが大切をいうことをいやというほど直接教えていただきます。

★★これがさくらリバース流7つの習慣だ★★

目次

  1. ◎第一の習慣 「素直であること」
  2. ◎第二の習慣 「夢を持つ」
  3. ◎第三の習慣 「チャレンジ」
  4. ◎第四の習慣 「自分磨き」
  5. ◎第五の習慣 「遊びの心、学びの心」
  6. ◎第六の習慣 「感謝」
  7. ◎第七の習慣は・・・・・・○○を○○○る

さくらリバース流「成幸する人の7つの習慣」

◎第一の習慣 「素直であること」

内容:「人の話を聞くこと。」「でも、だって、どうせは使わない」「いいと思ったことはすぐに実行」「固定観念にしばられない。」

補足:素直になることができないと、本当の自分の気持ちにも気づけません。さらには、人の助言さえも入ってきません。

素直でないと、自己防衛がはたらき、「でも私は○○でないから・・。お金がない。環境がわるい。」など、他人のせいにします。

この第一関門を突破できない人って実は多くないでしょうか?

「お金を稼ぎたい」「親孝行したい」「車や家がほしい」いいじゃないですか。

自分の欲望をおさえる必要もないのです。自分にも他人に対しても素直になることから始まると教えてもらっています。

◎第二の習慣 「夢を持つ」

内容:「具体的な夢を言葉や書面に書いて相手につたえること」「夢にむかって行動すること」

補足:素直になったら、今度は自分の欲求と向き合い具体的な目的・目標をたてましょう。それが夢です。

「夢は寝てみるものではなく、叶えるもの」書くことによって具体化されます。

さくらリバースでは、ライフ&キャリアシートといって一生涯の計画を先輩や総院長と相談しながら全スタッフが書いています。

◎第三の習慣 「チャレンジ」

内容:「簡単にあきらめずにできる方法を考える。」「可能性に挑戦しつづける(継続的に)」

補足:夢がきまったら、チャレンジです。決めて書くだけではなにも叶いません。

チャレンジ=実践をすること。最初から無理とあきらめるのではなく、なんでできないの?

どうしたらできるようになるの?「なんでを10回くりかえすこと。」←総院長から口を酸っぱく言われます。

「どうしたら患者さまの症状が改善される?」これを追究してきたから、様々な治療法が取り入れられ総合治療院という形が産まれました。

まだそういう形がないころのことです。だからさくらリバースは、”元祖”総合治療院と言われています。

さくらリバース原点はここからきています。

いかがでしょうか?第一から第三の習慣までは、言葉は簡単ですが、実践すると第一から実は難しいですよ。

自分と向き合い、自分の目標をさだめ、行動することの大切さを学びました。長くなりましたが、第四の習慣へ続きます。

その次大切なのはどんな習慣なのか・・。

◎第四の習慣 「自分磨き」

内容:「責任感・使命感をもつ」「人のせいにせず、失敗ととらえずあきらめないで何度も自分を磨きながら挑戦する」です。

補足:「夢も目標もきめて、さあ行動した。すぐかなった!!」というわけにはいかないのが人生です。

いつもいつもいい時ではありませんし、夢が高すぎて理想と現実にギャップを感じることもあります。そこで大半の人はあきらめてしまいがちです。

ここからメンタルが試されます。自己管理能力を凡事徹底していくことが大切です。さくらリバースでは、プロ野球の大谷翔平選手も活用するメンタルトレーニングメソッドも導入しています。

自分が自分を磨こうと思えばいくらでも磨ける環境は用意されています。活用するもしないも自分次第なんですけどね。

活用できる人はどんどん吸収してのびていってください。年齢も経験も関係ありません。

さあ、後半部分に入ってきました。第五の習慣は「なるほど!!」うなるくらい私は大好きな視点です。

◎第五の習慣 「遊びの心、学びの心」

内容:「自己投資をする」「成長を求め続ける」「プロフェッショナル意識」「気づいたこと、学んだことを積極的に発言している」

補足:ここ!本当に大切な視点だとおもいます。遊びから産まれるひらめきっておおいですよね。大いに遊ぶことも大切と教えられます。

ここにきたときに、「だってお金ないんです~。時間ないんです~。友達いないんです~。(泣)」

この言葉がでた方は、最初の第一の習慣にもどってください。

時間もお金も作る物です。ないなんてことはありません。ないなら無いなりに遊ぶ方法を考えてください。簡単にあきらめちゃダメです。

ここに来た時に、いままでの習慣が実践できていたかがわかる仕組みになっています。奥が深いですよね。

◎第六の習慣 「感謝」

内容:「周囲に感謝を伝えている」「相手を敬っている」「人を喜ばせたい気持ち」

補足:感謝の気持ちを持つことの大切さは、様々なところでも言われていますのでみなさんもご存知かと思います。

私も実践してかんじていますが、「引き寄せの法則」って本当にあります。

引き寄せの法則とは・・・「持っているものに感謝していると、感謝できるものが増えてゆく、逆に持っていないものにばかり意識を向けると、いつになっても満足できない。」と言われています。

これまでの人生大変だったり、悔やんだり、責めたりするような現実もあったかもしれません。でも、そこにとどまっていても、意味がないのです。

人生をいつもより少し感謝することは、、いつもより少し謙虚に生きることだとおもいます。

こんな言葉がありました。

「今あなたが当然だと思っている状況あるいは人物は、明日あなたが望んでも手に入らないものかもしれない。」

そして、感謝を言葉や態度に出して「素直に」あらわすことも大切です。

最後の

◎第七の習慣は・・・・・・○○を○○○る

クイズです。答えは、さくらリバース治療院の治療師にて!!

ご来院いただき治療師に言えるかどうかテストしてみてください。

言えないスタッフがいた場合は、広報の池田までご連絡ください。感謝をもって敬いながら丁寧に指導させていただきます(笑)

正解された方がいらしたら治療師経由で、広報池田まで連絡をください。

何かプレゼントを考えます。

さくらリバース流人材育成のほんの一部をご紹介いたしました。まだまだネタはありますが、この「7つの習慣」が一番根底にあります。

これを読んでいただき、私達と仲間になってみたいというかたがいらしたがこちらをご覧ください。

ここまで読んでくださってありがとうございます。

さくらリバース治療院採用情報>>>

さくらリバース治療院公式HP

LINEで送る

最近の「ブログ」
「ブログ」カテゴリ
TOP