不調の原因は「筋膜」にありました。

メディセル筋膜リリースは、皮膚を直接吸引することによって筋膜の相互干渉を減少させる療法です。骨、腱、筋肉といった様々なアプローチをしてもなかなか改善しない。病院に行ってもなかなか良くならないなど、身体の痛みや不調がある時は、筋膜の癒着が原因かもしれません。

メディセル筋膜リリースは、急性期〜慢性期まで多くの症例に対応できるのはもちろんのこと、身体のバランスを根本的に整えながら血液やリンパの循環をよくし、正常な身体をいち早く取り戻す安全かつ画期的な療法です。


こんな悩みをお持ちの方にオススメです

  • スポーツのパフォーマンスをアップしたい方

効果

①痛みを和らげる
 皮膚を吸いあげることで、リンパ液の滞りによる神経への痛み刺激を緩和。
➁血液やリンパ液の循環を良くし、むくみを改善
 皮下と組織間の隙間を広げ、滞った水分と血流をその場で良くする。
③筋肉の機能を正常にする
 筋肉へ豊富な血液を送る。 また隙間を作ることにより本来の筋肉の可動域を引き出す。
④関節の歪みを正す
 筋肉の異常な緊張による関節の歪み戻し、関節を正常に動かせるようにする。


施術内容

人体にとって重要な組織「筋膜」をご存知ですか?

皮膚の下には全身にわたり「筋膜」が張り巡らされています。筋膜は筋肉だけでなく、骨や内臓、血管や神経までの体内組織を保護する役割を担っています。
筋膜には全身を包む「浅筋膜」と個々の筋肉を隔てる「深筋膜」があり、2つの間には動脈・静脈・リンパ管・神経などが通っています。

筋膜の癒着を緩めることが重要

浅筋膜と深筋膜が癒着することで、こり、痛み、むくみ等の不快な症状が起こります。1日中同じ姿勢でいることや日常の運動量が減少すると、知らない間に筋膜が癒着してしまうことも。
筋膜の癒着を緩めることで、リンパ液がうまく循環し代謝が良くなり、皮下組織内で引き起こしていた神経からくる痛みの原因を根本から改善できます。

メディセル筋膜リリースなら負担も少なく不快な症状を改善。

メディセル筋膜療法は、不快な症状に悩んでいる方やオーバーユースによる可動域制限で悩むスポーツ選手の問題を解決してきました。
すでに1,000以上の治療院に導入されており、数多くの症例実績もございます。また、学術発表、症例実績報告会を定期的に行い、医療学術的にも認められています。

Q&A

Q.筋膜リリースってなんですか?
A.筋膜は皮下の筋肉だけでなく、腱、骨、内臓、脳に至るまでと全身をくまなく張り巡らせ、血管や神経までの体内組織を保護し、人の形を形成しています。よって筋膜は “第2の骨格”と呼ばれています。
メディセルでの筋膜リリースは、皮膚を直接吸引することにより、筋膜の癒着を優しく素早く安全にリリース(解放)していきます。

Q.なぜメディセルをすると動きやすくなるのですか?
A.筋膜(全身タイツ)は至るところでくっついてしまい、伸び縮みがしにくくなる性質があるのです。
例えば同じ姿勢で長時間座っていたりすると癒着がおき、筋膜が上手く伸び縮みしにくくなるので動きが悪くなったり、痛みがでたり、姿勢がくずれたりなどします。その時にメディセルで吸引することで、タイツのくっついている部分を吸い上げ伸び縮みしやすい状態にするため、動きやすい状態となるのです。

Q.マッサージとの違いは?
A.いわゆるマッサージは「押す」施術であり、メディセルは吸引による「引く」施術です。手ではできない施術となるため、マッサージとは違う効果をだすことが可能となります。


治療師からの一言アドバイス

さくらリバース治療院 瑞穂

近藤 佳奈

総合治療と組み合わせることで、相乗効果が期待できます!
メディセルでからだ表面の筋膜を、マッサージ・鍼灸・整体で奥の筋肉・関節にアプローチ。
からだの表層から深層までより細かく施術することで、施術効果がグッと高まります!