Web予約
クーポン

関節リュウマチ

関節リュウマチの施術内容

食事療法、運動療法などで、体力や筋力をキープすることが症状を悪化させない大切な要素となります。関節のこわばりが悪化しないように、関節周囲の筋肉をマッサージでほぐします。そして関節が固まらないように適度な運動の指導を行います。炎症のある場合には冷却療法を、炎症がおさまったら、温熱療法を組み合わせて治療をしていきます。自律神経のバランスを整え免疫機能を正常化する目的で鍼灸治療が効果的で、特にお灸の治療がお勧めです。こわばっている関節にお灸をすることで、炎症を抑え痛みや腫れを改善します。早期発見、早期治療することで、少しでも痛みを和らげ関節の変形を予防することで、患者様の日常生活をとにかく明るく楽なものにするお手伝いができればと考えております。

関節リュウマチの症状

まず関節リウマチの症状として、「朝のこわばり」と呼ばれる症状が出現することが多いです。朝起きてから、手をにぎることが困難で、こわばって家事などに支障をきたすようになります。また、リウマチが進行すると関節が変形してしまうことが多くみられます。左右対称の症状 ②朝のこわばり感 ③3つ以上の関節に症状がある といった場合は、関節リウマチの可能性もありますので、医療機関での受診をおすすめします。

関節リュウマチの原因

何かの原因で免疫異常が起こったり、リウマチになりやすい遺伝的な要素があるために発症すると言われています。喫煙や感染症など環境的な影響も大きいとされています。しかし原因はいまだはっきりと解明されていません。

関節リュウマチの予防&対処法

関節リウマチは早期発見と早期治療が大きなポイントです。そのためには、初期症状のサインを見逃さないことがとても重要です。

・歯ブラシが持ちにくい
・朝から指がむくんで指輪がはずれにくくなった
・洋服のボタンをはずすのに手間取り、リボンや紐なども結びにくい
・箸が使いにくくなった
・リモコンのボタンが押しにくい
・ドアノブを回す動作やペットボトルのフタを開けるときに違和感がある

このような症状が頻繁に起きるようでしたら、早めの受診をおすすめします