Original

オシャレママ支持率No.1! 足楽美脚スニーカーのご紹介

こんにちは、さくらリバース治療院星ヶ丘です。

目次[非表示]

  1. 1.名東区在住35歳オシャレママさんのリアルボイス
  2. 2.ママさん支持率No.1のおすすめ厳選スニーカー!
  3. 3.足が疲れない靴とは? 
  4. 4.センチだけではNGな理由
  5. 5.靴の「ウィズ」を見てみよう
  6. 6.ジャストフィットを目指すあなたに
  7. 7.合わせやすさ抜群のアイテムをご紹介
    1. 7.1.スポーツブランドだからこその履き心地と快適さ【asics】 LADY GEL-KAYANO 24 /カラー:(9016)ブラック×ファントム
    2. 7.2.マメ知識&名作情報! 圧倒的な人気を誇るNBの名作【NewBalance】 M1400 JGY
  8. 8.少数派だからこそオシャレ感が際立ちます! 
  9. 9.【編集後記】シューズでもっとも大切な部分はどこだと思いますか?
  10. 10.さらなるジャストフィットを求めるなら! 

長年、足を研究してきた私たちさくらリバースがお役立ち情報を発信いたします。今日は足と靴、そしてオシャレなスニーカーコーデについての記事です。

小さなお子さんを連れての毎日のお買い物、公園や散歩など日常的に歩く機会が増えるママさん。


「オシャレ靴を履いて子どもと一緒に・・・・足が疲れてもたない」

というママさん世代からのご相談もたくさんいただきます。


たしかに。


街中でスニーカーコーデのママさんをたくさん見かけるのも納得です。スニーカーは歩きやすさ、動きやすさ、合わせやすさの三拍子が揃っていて欲しいもの。


でも、、、



「スニーカーが足に良いことはわかってはいるけど、どれを選べば良いか分からない」という声が本音ではないでしょうか。

今回は【オシャレママにおすすめの厳選スニーカー】をご紹介します。

足が楽!しかも、美脚歩行も同時にGETできますよ!


名東区在住35歳オシャレママさんのリアルボイス


「4歳と、もうすぐ2歳になる子どもを連れて星ヶ丘テラスへよく行きます。いつも足が疲れて大変なんです。今までスニーカーはあまり履いたことがありません。スニーカーならと思って、一番シンプルで合わせやすいキャンパス地のスニーカーを買ったのですが、長時間履いて歩いていると足の裏が痛くなってきます。足が疲れにくいスニーカーが欲しいんですけど、欲をいえば、一年中合わせやすくて人と被らないスニーカーがいいです。おすすめはありますか?」



ママさん支持率No.1のおすすめ厳選スニーカー!

ファッションに合わせやすくて、アウトレットを一日中歩いてもOKな程足が楽。美脚歩行も手に入れられるオススメの一足があります!とその前に、せっかくですから足と靴のマメ知識を学んでみましょう。


足が疲れない靴とは? 

「足が痛い」、「疲れやすい」などのトラブルの多くは、シューズの性能だけでなく、足と靴が正しくフィットしていないことも大きな原因です。

「足が疲れない靴」を手に入れるためにはまず、ご自身の足のサイズを知ることからはじめましょう。靴のサイズではなく、足のサイズ(実寸)です。これがないと靴選びは先にすすめません。

「足が疲れない靴」の絶対条件、それは「ジャストフィット」です。シューズは正しくフィットしてこそ、その性能を発揮します。



センチだけではNGな理由

「私は何センチの靴を選べばよいですか?」という質問をたいへん多く受けます。しかし「センチ」を選ぶ際に外せないポイントがあります。

それは「ウィズ」という考え方です。

足幅と足囲の数値(後述)から「ウィズ」と呼ばれる足の横幅のサイズが割り出されます。靴にはこの横幅のサイズが存在します。縦のサイズ「センチ」は気にしていても、横のサイズ「ウィズ」は気にしていない・または存在すら知らない方も。


「ウィズ」をわかりやすく区別すると、

【スリム】←【レギュラー】→【ワイド】

としたらイメージが湧きやすいでしょうか。

「私の足は幅広です!」と自身満々の方も、実際に計測してみたらレギュラーサイズ。というケースがとても多くみられます。当院で長年足の計測をしてきた経験からいいますと、本当に幅広(ワイド)の足をしている方は意外と少ないものです。


靴の「ウィズ」を見てみよう

ジャストフィットの靴選びとは「ウィズ」の選択と言っても過言ではありません。

「ウィズ」が合っていないと横幅のフィット感を追い求めてしまうため、縦の「センチ」をどんどん大きくしてしまうエラーが起きます。なぜならば、「センチ」に比例して「ウィズ」も大きくなるように靴が作られているためです。

また、大きめの「センチ」や足に合っていない「ウィズ」の靴を履き続けてしまうことは、女性の大敵である「外反母趾」を助長させてしまう要因となるので注意が必要です。


「ウィズ」なんて知らないという方の為に。ご自身の靴をよく観察してみましょう。

靴のベロ(タン)と呼ばれるシューズの足の甲部分を裏返して見てみます。(シューズを履くときに手で引っ張る部分です。)

矢印のようなアルファベットまたは数字+アルファベットの表記はありますか?(靴のベロ部分ではなく、靴自体の内部や靴底裏面に記載がある場合もあります。)


靴選びの際のポイントとしては靴自体に「ウィズ」が表記されているかどうかです。靴自体に表記がなくてもカタログにウィズの記載があり判断できれば、足幅サイズを合せる目的は達成できますので問題ありません。

つまり「ウィズ」の表記がない場合、もしくは「ウィズ」が分からない靴は正しいフィッティングができないともいえます。

補足ですが、人の足は体重がかかると若干大きくなります。これを踏まえてシューズのつま先部分はセンチ表記よりも数ミリ程度の余裕(遊び・捨て寸)をもって大きく作られています。人により個人差はありますが、適切な「センチ」を選ぶには足の指先からシューズの先までに5~10ミリ程度の余裕が必要とされています。


ジャストフィットを目指すあなたに

まずは足のサイズを知ることが第一歩です。

以下の3つのサイズを計測すると足のサイズ(実寸)が正確に導き出されます。

①足長・・足全体の長さ(かかと~つま先まで)

②足幅・・足の親指と小指付け根部分の最大幅

③足囲・・足の親指と小指付け根部分の最大周囲


本当はもっとたくさんお伝えしたいところですが、専門的なおはなしや細かいことはまたの機会に。



さくらリバース治療院には足の専門家が多数在籍しており、足のサイズ測定を常時実施しています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

(足のむくみなどを考慮すると計測する時間帯は夕方15時くらいがおすすめです)






合わせやすさ抜群のアイテムをご紹介


スポーツブランドだからこその履き心地と快適さ【asics】 LADY GEL-KAYANO 24 /カラー:(9016)ブラック×ファントム



『MetaRunの機能を継承したスタビリティモデルのハイエンドモデル。大型GELによるクッション性と、プロテクト&モーションコントロール機能によって、長距離ランニングを手厚くサポート。』

メーカーの商品紹介からみてもわかるように、このシューズはスポーツブランドとして有名なアシックスのランニング用シューズです。スペックはさておき、意外なのはこのバリバリのスポーツシューズがオシャレママさんに大人気ということ。


それはなぜでしょうか?


まず一番の要素はカラーリング。ブラック×ファントムの黒系なので汚れが目立ちにくく、デイリーユースにもしっかりと使えます。アッパーとアウトソールのコントラストも素敵ですね。黒×白のカラーバランスが絶妙なのでモノトーンコーデに相性抜群です。

しかも! 足元がスッキリ・引き締まって見えるとのこと。各メーカーのShopを探索してみると、アッパーカラーがブラックのシューズがずらりと並んでいるのも納得です。

次に素材。メッシュ素材は通気性に優れ、洗ってもすぐに乾くという利点も◎。季節を問わず定番アイテムとして活躍しそうとのお声を頂いております。

今旬なスポーツミックスに取り入れても良し、ロールアップしたデニムや白パンスタイルとも合います。タイトスカートのはずしアイテムとしてもアリですね!



このスニーカーをオシャレに取りいれているママさんは今まで見たことがありません。

「人と同じはイヤ!! 」

というオシャレママさんにはもってこいのアイテムです。星ヶ丘テラス周辺で流行ってしまったらごめんなさい(T_T)


オシャレなのはもちろんですが、なにより歩きやすくて疲れない!

一度足を入れたら普通のスニーカーとの違いを思う存分堪能できる逸品です。また靴の機能で踵のホールドと安定した蹴り出しをサポートしてくれるので、美しい歩行姿勢&美脚も同時にGETできますよ!

気になるお値段は、定価15,500円(税抜)。

ウィズはレディースレギュラー(E相当)です。


ブラックは限定カラーなのでスポーツショップではまずお目にかかれないカラーですが、

【 レディース  ゲルカヤノ24  黒  〇㎝ 】で検索してみると入手可能な店舗がみつかります。

※2018年10月現在、日本の市場にはほとんど流通しておらず入手困難な状況です。さくらリバース治療院星ヶ丘では数足分在庫を確保しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先:さくらリバース治療院星ヶ丘


さらに! 春夏コーデに合わせやすいホワイト×ホワイトもあります。




マメ知識&名作情報! 圧倒的な人気を誇るNBの名作【NewBalance】 M1400 JGY


あのラルフ・ローレンが「雲の上を歩いているようだ」と絶賛し、「スニーカーのロールスロイス」という異名を持つ「1300シリーズ」の後継モデル「M1400」。

1000番台としての品番は2番目なので本来であれば「M1300」に続くはずが、当時の技術では量産ができずに断念され、「1500」番の後にリリースされたという歴史も併せ持つ。

安定性とクッション性を兼ね備えたこのモデルは、当時よりランナーのみならず立ち仕事の多いワーカー達からも多大な支持を集め、洗練されたイメージに仕上げられたニューバランスを代表するカラーリングが◎。

MADE IN USAの高級フラッグシップモデルとなる「M1400 JGY」は定価が25,000円(税抜)。価格は高価ですが一般的に売られている廉価版のニューバランスのスニーカーとは別格です。スタイリッシュなフォルム(Dウィズ)はシンプルで合わせやすく、パンツスタイルと相性抜群です。


※ちなみに、最近街中でよく履いているのを見かけるニューバランスのクラッシックモデルの大半は廉価版モデルです。


WL574:オフロード仕様のソールと太目シルエットでカジュアル感あり。安価で手に入れやすい。


MRL996:ニューバランスの574シリーズよりスリムで合わせやすい定番モデル。価格は574シリーズよりもやや高め。



少数派だからこそオシャレ感が際立ちます! 

いかがでしたか?

スニーカー選びはジャストフィットしていることが最大のポイントです。そして、スニーカーにはこだわりの機能やそれぞれのストーリーがあります。なによりも足は体の土台です。靴を変えるだけで歩行や姿勢も改善できます。

「人とはちがう」少数派になることでオシャレ感がより一層際立ちますよ! 足の疲れを解決するアイテムとしてだけではなく、憧れのオシャレママさんとして輝いてみては?



【編集後記】シューズでもっとも大切な部分はどこだと思いますか?

答えは「かかと部分」です。かかと部分には「ヒールカウンター」というシューズの心臓部分にあたる大切な構造があります。この性能をフルに活かすためにもジャストフィットは重要です。

かかとが浮いてくる(街中で歩いている人の足元をよーく観察してみると、かかとがパカパカと浮いて歩いている人がいますよね。アレです。)靴はサイズが間違っている可能性大。ワンサイズ小さい靴と履き比べ、かかと全体が軽く押さえられていて、安定(フィット)しているかどうかを確認してみてください。

また、足にマメや靴ズレができるのは、小さい靴ではなく、大きい靴を履いていると起こりやすいトラブルです。大きい靴の中で足が前後方向にスライド、または内や外にズレてしまうことで摩擦が生じるからです。足の疲れも同様に大きめの靴を履いている場合によくみられるトラブルです。


さらなるジャストフィットを求めるなら! 

スニーカーにはインソールが相性抜群。インソールを使うことで足の機能でもっとも大切なアーチ構造を安定させ、正しい歩行ができるようにサポートします。足と靴を一体化させさらなるジャストフィットを実現するオススメのツールです。またインソールは体の土台となる足元を補正するので体の歪みを整えます。骨盤矯正の手技だけでなく「土台から整える根本改善」をしたい方におすすめです。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。


■編集/さくらリバース治療院星ヶ丘(菅沼淳也)


菅沼淳也 星ヶ丘院 院長 

菅沼淳也 星ヶ丘院 院長 

愛知県岡崎市出身。鍼灸学士 小学生の頃ケガを治療してくれた接骨院の先生との出会いがきっかけで心身の健康を考える仕事に興味を持ち、大学で鍼灸学を専攻。現在は「さくらリバース治療院 星ヶ丘」で多くの患者さんの身体と心をケアしている。 1983年10月2日生まれ。

人気記事ランキング

企業情報

タグ一覧

アーカイブ

お得な限定クーポンをお見逃しなく!!