Original

【名古屋】履くだけマッサージ!室内履き(AKAISHI)取扱い開始

外反母趾やO脚・足のむくみなどの悩みに対応した履きやすく疲れにくい靴と、健康サンダル・オフィスサンダルの定番アーチフィッターのメーカー、株式会社AKAISHI様のお取扱いが始まりました。オフィスやお部屋ではくスリッパをお探しの方へ朗報です。

目次[非表示]

  1. 1.株式会社AKAISHIとは
  2. 2.AKAISHIの特徴
  3. 3.601室内履き アーチフィッター
  4. 4.アーチクッションサンダル141
  5. 5.アーチフィッターO脚402
  6. 6.アーチフィッターO脚バックベルト406
  7. 7.私は外反母趾かな?チェックリスト
  8. 8.名古屋市ならさくらリバースで試し履き可能です。
  9. 9.フットケアトレーナー神谷が自信をもってお勧めしています
  10. 10.まとめ

株式会社AKAISHIとは

~「足を心地よく、脚をうつくしく。」私たちのスローガンです。~
私たちAKAISHIは、外反母趾やかかとの痛みなど様々な足の悩みを持つ方が、
歩くことで足の健康をとりもどす靴を研究開発しているメーカーです。
靴医学と人間工学に基づく研究成果を取り入れた商品は、
ブランド誕生から16年間で300万足を超える販売実績を上げています。
「痛みのない快適な歩行は、その歩く姿も颯爽と美しくなる」という想いのもと、
お客様に商品をお届けしています。


(株式会社AKAISHI http://www.akaishinet.com/about/から引用)

外反母趾や扁平足、開張足、O脚など様々な足のお悩みからくる症状と靴の利用シーンに合わせてインソールの凸凹を設計し、悩みを改善する靴を作っている静岡のメーカーです。


AKAISHIの特徴

このコラムでもよくお伝えしているのですが、足裏には3つのアーチがあります。

そのアーチが崩れてしまう事で様々なトラブルの根本原因となっています。

このAKAISHIのサンダルはアーチを的確に支える希少なサンダルといえます。

ただ、こちらのサンダルには、オーダーメードインソールを貼り付けることが不可能なので、あくまでも、治療目的ではなく、予防目的としておすすめしています。

この価格でこのクオリティは大変素晴らしいと言えます。

更に、O脚補正力があるサンダルもあります。

さくらリバースで特にお勧めするサンダルを具体的にご紹介させていただきます。

601室内履き アーチフィッター

強力マッサージの601シリーズ!

3つのアーチをしっかり補正することで、履くだけで足のトラブルを予防。

広めの調整機能で幅広や甲高の足にもフィットします。この室内履きのいい所は、シッカリした固めのソールです。このソールが3つのアーチを指圧&サポートしてくれます。

\3,500+税


アーチクッションサンダル141

AKAISHI売上足数No.1の室内履きが待望の外履きになったサンダルです。足裏疲れの原因となるのが「足底筋のこり」。歩くたびに足底筋をやさしく刺激して、疲れをケアします。

\5,400+税


アーチフィッターO脚402

O脚補正に欠かせない3つの役割

  • 「衝撃から足を守る」
  • 「かかとを内側へ誘導する」
  • 「歩行時のねじれを防ぐ」

ための3素材からなる3層ソール。

これらの相互作用により、O脚をきにせず、安定した歩き方を可能にします。

O脚補正に欠かせない3つの役割「衝撃から足を守る」「かかとを内側へ誘導する」「歩行時のねじれを防ぐ」ための3素材からなる3層ソール。これらの相互作用により、O脚をきにせず、安定した歩き方を可能にします。

\6,000+税


アーチフィッターO脚バックベルト406

こちらは、402にバックベルトがついたタイプです。歩行中に足へかかる重心位置を正しく誘導して、理想の歩行スタイルを目指します。バックベルトがついているので踵がパカパカしにくいうえに、女性らしい足元になります。

\6,500+税


私は外反母趾かな?チェックリスト

痛みが軽いうちは「これくらい大丈夫」と見過ごしがちな『外反母趾』。

外反母趾はそのまま悪い習慣を続けていると進行してしまいます。

進行を予防するために、早めにチェックしてみましょう。

  •  □親指が小指のほうへ曲がっている
  •  □親指のつけ根が内側に出っ張ってる
  •  □親指のつけ根が痛い
  •  □親指のつけ根が腫れて赤くなっている
  •  □親指のつけ根が靴に当たって痛い
  •  □親指が第2指(ひとさし指)の下にもぐり込んで重なっている
  •  □第2(ひとさし指)・3(中指)・4(薬指)指が小指のほうに曲がっている
  •  □親指のつけ根の関節の下が痛い
  •  □第2指(ひとさし指)のつけ根の関節の下が痛い
  •  □足が平べったくなり、先のほうが広がっている
  •  □扁平足(土踏まずがない状態)になっている
  •  □かかとが外側に傾いている

 上記質問に2つ以上当てはまった方へ

 チェックリストを作成した「日本靴医学会」では、2つ以上該当する場合、足・靴専門の師に相談するよう推奨しています。

ご自身で判断して靴を選ばずに、足の専門家が在籍しているさくらリバース治療院へご相談下さい。あなたの症状にぴったりの靴や施術方法をご提案します。

アドバイスだけなら無料してしているのでご安心ください。{当院へ初めての方は初回登録料(1200円税別)のみ、既存の方は無料}

>>さくらリバース治療院 インソール療法


名古屋市ならさくらリバースで試し履き可能です。

さくらリバースなら上記のサンダルのためし履きが可能です。


>>お近くのさくらリバースはコチラ



フットケアトレーナー神谷が自信をもってお勧めしています



まとめ

神谷があんまりお勧めするので、治療院の受付や治療師もこの室内履きを履いています。


関連>>インソール療法タグ





池田明代 事業本部広報

池田明代 事業本部広報

名古屋市出身。2006年にさくらリバースに入社してから10年以上、治療院業界の広報として経験を積んできました。現在はさくらリバースのWEBコンテンツ作成や、治療院の外部広報活動に加え、毎月1回発行の院内新聞『さくら通信』を11年続けています。さくらリバースのサービスを正しく理解してもらうために切磋琢磨する日々を送っています。

人気記事ランキング

企業情報

タグ一覧

アーカイブ