Original

ストレスを緩和するアロマオイルの種類とは

新生活が始まりワクワクしている人やストレスを抱えている人など様々だと思います。

今回はストレスが身体に与える影響、ストレスを緩和するアロマオイルをご紹介します。

ストレスによる悪影響が生活習慣病を招く一因に肉体的・精神的ストレスを感じた時に体内では様々な変化が起きています。

「内分泌系、自律神経系、免疫系」です。

この3つの働きのバランスを保つ事で健康を維持しています。

自らの身体を環境に適応させ、安定させるための「ホメオスタシス(生体恒常性)」という自然に備わった機能を持っています。

ひとたびストレスを受けると、体内では3系統全てに同時に影響が出ます。

それぞれの系統に及ぼす影響や引き起こされる病気をまとめました。


内分泌系の疾患の例

視床下部を経て下垂体からホルモンが分泌し、ステロイドホルモンが増加 など

  1. ・糖尿病
  2. ・胃潰瘍
  3. ・バセドウ病


 など

自律神経系の疾患の例

交感神経が優位な状態が持続し、血圧が上がったり、内臓の働きも弱まる など

  1. ・高血圧
  2. ・心筋梗塞
  3. ・脳卒中


 など

免疫系の疾患の例

神経細胞からサイトカインという物質が分泌され免疫細胞の機能を低下させる。

  1. ・感冒、
  2. ・感染症
  3. ・アトピー
  4. ・花粉症 


など


ストレス状態を引き起こす「ストレッサー」とは?

 ストレッサーは、図のように(図2)自然に代表される「外的ストレッサー」と個人的な状態や生理的状況の変化を要因する「内的ストレッサー」の二つに分けられます。

つまり、ストレスは社会や人との交流だけでなく、暑さや寒さなどの生活環境からも生じるのです。

ストレスを受けていると交感神経が優位になりますので、私達は努めて副交感神経を優位にしなければいけませんね。

ダメージを減らし、回復させ、適切な対処をし、健康な毎日を送りたいものです。



アロマオイルは副交感神経を優位にしてくれる救世主


芳香


☆甘く優しい香りで心と身体のリラックスを促し深い呼吸を助けます。

  • ラベンダー
  • オレンジスィート
  • クラリセージ

☆スッキリしたクリアな香り。脳や全身を活性&リフレッシュしたい時

  • ローズマリー
  • ペパーミント
  • レモングラス




入浴

☆甘く温かみのある香りでリラックス気分に。

  • ラベンダー
  • マジョラム
  • カモマイルローマン
  • パチュリ



スプレー

☆無水エタノール(5ml)、精製水(45ml)の数滴たらしてスプレーを作ることもおすすめです

  • ユーカリ
  • サイプレス
  • ベルガモット
  • ゼラニウム


皆さん、是非一度試してみてはいかがでしょうか?

詳しく知りたい方は、当院鍼灸師までお尋ね下さい。


人気記事ランキング

企業情報

タグ一覧

アーカイブ

お得な限定クーポンをお見逃しなく!!