コラム

おきゅうを使って冷え症改善

今回は、『おきゅうを使って冷え症改善』についてお話させていただきます。


まず、冷え症とはなぜ起こるのか?

まず寒さを感じてからの、身体の連鎖反応をご説明します。

人は外気温が下がると、皮膚で寒さを感じ脳に身体が冷えてしまう!と信号を送ります。それから身体を冷やしてはいけないと脳が判断し、芯を冷やさないように表面の血管を収縮させます。それで、血管内に血液を流さないようにして芯の熱を逃がさないようにします。また寒いとぶるぶる震えるときは、身体の筋肉を震わせて熱をおこし身体を温めようとしてくれます。


しかし、これらの反応が様々な原因によって阻害されてしまい冷え症へと発展させてしまいます。


そんな原因とは・・・


①自律神経が乱れる

ストレスや不規則な生活が続くと、体温調節を伝達してくれる自律神経がストレスに過敏な為、うまく機能しなくなります。


②筋肉量が少ない

筋肉量が少ないと、熱を発生させる材料がないので熱を産生させることが難しくなります。さらに女性は男性に比べて筋肉量が少ない為、冷えの原因にもなりやすいです。


③女性ホルモンの乱れ

女性の心身のコントロールをしてくれる女性ホルモンが、ストレスや更年期が近づくとホルモン分泌が乱れ血行不良となってしまうことがあります。


④皮膚感覚が乱れる

身体を締めつける洋服や下着などを着用していると、血行不良が生じ寒い感覚を察知してくれる受容器の反応が、鈍くなり体温調節の信号が伝わりにくくなってしまいます。

また、もともと貧血や低血圧、心疾患などのご症状もある人も血行不良になりやすいです。

もちろんこの他にも考えられるご症状はありますが、『これそうかも!』というご症状なかったでしょうか?


そんな方に、簡単でオススメの冷えに良いツボをご紹介させて頂きます。


関元(かんげん)

位置:おへそから指4本分したにあるツボ

効果:元気を作り出してくれる効果があり、疲れている時や虚弱体質の人にも効果が高い。


中脘(ちゅうかん)

位置:おへそから指5本分上にあるツボ

効果:胃腸の調子を整えてくれて、さらに気血の巡りをよくしてくれる効果が高い。


湧泉(ゆうせん)

位置:足裏の中心より前で、足の指2、3指の間のくぼんだところにあるツボ

効果:冷えや、足の使い過ぎによる疲労改善の効果が高い。


三陰交(三陰交)

位置:足の内側のくるぶしから、指4本分上に上がったところにあるツボ

効果:冷え症の予防、生理痛にも効果が高い。


太谿(たいけい)

​​​​​​​

位置:足の内側のくるぶしの中心とアキレス腱の間のくぼんだところにあるツボ

効果:腎臓に働きかけてくれるツボであるので血流が良くなり、身体を温める効果があります。


他にもありますが、メジャーな効果の高いツボをご紹介させて頂きました。

これらのツボにお灸を据えてあげると、さらにお灸の温熱効果で機能が高まります!!

「おきゅう」の詳細はココをクリック

夏本番到来!熱中症予防をしましょう。

コラム

2019-08-13 20:24

長くジメジメした梅雨も明けて、夏本番がやってきました! 今年になって熱中症で救急搬送された方の数は、全国的にみて去年よりもハイペースな状況です。 人の体に必要なのは、水分と同時に硬質な塩分とミネラル分を補給することです。 自然の恵みを口に含み、同時に水分を補給することによって熱中症対策をしましょう。

ヨーグルトの選び方!自分にぴったりな菌をさがそう

コラム

2019-05-14 11:48

各社の比較表あり!乳酸菌やビフィズス菌の中には『菌株』があります。生きて腸に届くもの、免疫力を活性させるもの、ダイエット効果が期待できるなど菌株の得意分野はさまざまです。

子どもの肩こりや猫背を引き起こす浮き指対策!正しい靴選びはどうしたらいい?

コラム

2019-02-22 16:25

足の専門家フットケアトレーナーが在籍する総合治療院さくらリバース治療院。 日曜日の中日新聞朝刊に「子供に急増/肩凝りや猫背 誘発」という記事がでていました。 まさに私達が10年前から提唱してきた足と靴と姿勢の因果関係が調査で認められたことになります。

花粉症の対策!アロマと鍼灸で体質改善するには

コラム

2019-02-08 16:18

2019年2月4日は二十四節気の一つ『立春(りっしゅん)』でした。 立春は暦の上で春が始まる日を言いますが、春は不調になりやすい時期です。 今から自律神経のバランスを整え、冬にたまった余分な水分を排出させ、負けない体作りをしていくことが大切です。

食事もトレーニング!マラソン大会1週間前の『カーボローデング』

コラム

2019-02-05 17:59

いよいよマラソンシーズン本番!マラソンレース一週間前からの食事法をお伝えいたします ベストな状態でレース当日を迎えていただけるように退会1週間前からの食事の注意点をおつたえします。

全22件中 1〜 5件を表示

総合治療院

さくらリバース治療院 瑞穂
tel:052‒852‒6789
住所:名古屋市瑞穂区佐渡町1-23-1


さくらリバース治療院 高針
tel:052-701-0789
住所: 名古屋市名東区牧の原1-1512 


さくらリバース治療院 星ヶ丘
tel:052-783-2225
住所: 名古屋市千種区井上町50-5 星ヶ丘リビング1F

夜21時迄|土日OK|WEB予約


さくらリバース治療院 佐世保
tel:0956-42-1010
住所:長崎県佐世保市城山町6-9

訪問鍼灸リハビリマッサージ・デイサービス

さくらリバース訪問鍼灸リハビリマッサージ事業部
tel:052-852-7723
住所:名古屋市瑞穂区佐渡町1-12-4


リハビリデイサ-ビスさくらリバース瑞穂通り
tel:052-852-7890
住所:名古屋市瑞穂区神前町2-23

さくらリバースグループ院

徳重治療院
tel:052-876-0701
住所:名古屋市緑区鳴海町字神の倉3-2431 プレミス1B


訪問鍼灸リハビリマッサージ ゆとりこ治療院
tel:0561-65-5410
住所:愛知県瀬戸市高根町2-28 メゾン共栄105