Original

部活の試合で最大限のパフォーマンスを出す前日の食事について

こんにちは!さくらリバース治療院瑞穂院の斎藤です!

気候も暖かくなり、スポーツが盛んな季節になってきましたね。

瑞穂院には、今日も部活動で盛んに汗を流す学生さんに多く来院頂いています。

その中で、よくされる質問の中に、

「試合が近いのですが、どんな食事をとったら良いですか?」

というものがあります。確かに、普段なにげなく取っている食事でも、

試合で、最大限のパフォーマンスを出すためには、しっかりと考えていかなければなりません。

今回は、そのお話しができればと思います。




試合前日の食事ポイント

1 主食(炭水化物)と、果物(ビタミンC)を多めにし、おかず・野菜・乳製品は少なめ(脂質は控えめ)にする

*エネルギー源となるグリコーゲンを筋肉と肝臓に十分に貯えるため

2 試合は、より強い緊張とストレスを受けるため、体調を整えるビタミンCもしっかり取る


試合前日の食事たくさん食べてほしい物

主食・・・ごはん、パン、うどん、そば、パスタ、お餅など

果物・・・みかん、いちご、キウイ、100%オレンジジュースなど


試合前日の食事控えた方が良いもの

  1. 天ぷらやカツなどの揚げ物、生クリーム・バター・マヨネーズをたっぷり使った料理など脂質が多く消化に時間のかかるもの。
  2. 刺身などの生もの
  3. 腸内にガスが溜まりやすくなる食物繊維の多い根菜類など

試合前日の夕食のタイミング

リラックスして、睡眠がとれるように、就寝の3時間前には済ませる。

試合当日の食事

ポイント

  1. 試合当日も、前日と同様に主食と果物中心の高炭水化物(糖質)食を摂る。
  2. 食事のタイミングは、試合開始時間から逆算して、3~4時間前までに済ませる。試合開始時には、胃の中は空っぽでもエネルギーは十分ある状態。
  3. 一度に食べられないようであれば、食事回数を分けて調整。


以上、試合の前日と当日の食事のポイントについてでした。

まとめ

大切なことは、試合中にスタミナ切れにならないために、身体のエネルギーとなる淡水化物を中心とした食事に、調整役としてのビタミンCもしっかりと補給してあげるということです。

ゲンをかついで、試合の前日はカツ丼!個人的には好きですが、栄養学的には、あまりよろしくないようですね。

ありがとうございました!



斉藤 淳一 さくらリバース 瑞穂

斉藤 淳一 さくらリバース 瑞穂

人気記事ランキング

企業情報

タグ一覧

アーカイブ

お得な限定クーポンをお見逃しなく!!