Original

【名古屋市】外反母趾が痛むのでインソール療法を体験してみた

外反母趾で親指が痛くて寝れない私。そこでフットケアトレーナーの神谷先生に相談して普段のヒールをやめて運動靴に変えることにしたのでレポートします!なんと自分でも忘れていた過去の捻挫も原因だったとは!?


目次[非表示]

  1. 1.1.初めに自己紹介
  2. 2.2、足のアーチの崩れとは?!
  3. 3.3、足の真ん中にできるタコは危険
  4. 4.4、開帳足(かいちょうそく)とは?
  5. 5.5、タコ・ウオノメなどを放置していると外反母趾の危険大
  6. 6.6、ついにきた!!外反母趾の指の痛み!
  7. 7.7、インソール療法 パーソナルチェック開始!!
      1. 7.0.1.①痛みの原因をチェック
      2. 7.0.2.②足首と踵のチェック
      3. 7.0.3.③足裏のアーチの崩れをチェック
      4. 7.0.4.④歩き方チェック!
      5. 7.0.5.⑤インソール製作中!
      6. 7.0.6.⑥熟練の技がさく裂!
      7. 7.0.7.⑦インソール最終調整!
      8. 7.0.8.⑧靴に装着!
      9. 7.0.9.⑨足の悩みだけでなく、肩こり・腰痛・膝の痛みにもインソール療法は効果的
      10. 7.0.10.⑩今回インソール療法につかった靴は『アシックス ゲルカヤノ24』
    1. 7.1.まとめと感想

1.初めに自己紹介

私は治療院で働いていますが、治療師ではありません。

スーツを着てパンプスを履くことが多いのです.

足裏のアーチが崩れているのはまえから自覚がありました。

なぜなら…足の裏の真ん中にタコができるのです。

まさしくこれはアーチの崩れからくる症状でした。


2、足のアーチの崩れとは?!

アーチとは聞き慣れなくても『土踏まず』というとわかりますよね。

でもその土踏まずは、3つあります。第一のアーチは誰でも知っている足の内側の土踏まずの部分。第二のアーチは足の外側の縦アーチ。第三のアーチは5本指の付け根にある横アーチ。これらの3つのアーチがバランスを取りながら、身体全体を支えるバネのような役割を果たしています。

これのバランスが崩れることから全てのトラブルははじまっているといっても過言ではありません。

3、足の真ん中にできるタコは危険

元々は、女性におおくみられるという足裏真ん中のいわゆる『ヒールダコ』になやんでいました。

タコは、長時間、圧迫や摩擦が、ある特定の部位に繰り返し起こると、皮膚は皮膚を守るための防衛反応が働き、角質がどんどん厚くなっていくことでおこります。

私のヒールダコの原因は、立ち仕事が原因です。

立ち仕事などを続けていると、疲労のためにじん帯が伸びきった状態になります。

こうしたじん帯のゆるみが、開張足を起こすのです

4、開帳足(かいちょうそく)とは?

開帳足って言葉をごぞんじですか?

足裏の横アーチがなくなってしまって足の指が横へ広がってしまい、ぺたんとくっついてしまっている状態です。そこがあたることでヒールダコができているのです。

なんと、ヒールをはくので女性の9割は開帳足ぎみらしいとのことです。

皆様の足はいかがでしょうか?

5、タコ・ウオノメなどを放置していると外反母趾の危険大

たこ・ウオノメができたら、削ったり、スピール膏で取ることを考えつく方は多いと思いますが、それでは根本解決にはなりません。

私もそれを知らずにに、いつも角質除去をけずったりするだけでした。

でもそれは大きな間違い!!

本当は、そこでさくらリバースの専門家『フットケアトレーナー』に相談するべきでした。

『3指を中心に足裏の指の付け根の中央部にタコができている人は首を痛めます』

指のつけ根が逆アーチ(舟底形)になっているために重心が真中に片寄り過ぎて足裏が極端に不安定になってしまいます。この不安定を補おうとして身体の最上部にある頭を支える『首』に最も負担が加わってしまうのです。つまり、脊椎の最上部にある頚椎一番と頭蓋骨の接続部に「過剰な衝撃波やねじれ波が繰り返され」、首に異変が起るのです。首に異変が起ると、頭痛・肩こり・めまい・不整脈・うつ・パニック症などを伴った自律神経失調症や生活習慣病を発症させてしまうのです。

(外反母趾のカサハラページより抜粋)

上記のカサハラ先生が仰っているように、私も首がいつも痛む症状もでていました。

ただ、調べるまでまさか、足裏中央のタコが予兆をしらせているなんてまったくおもっていませんでした。

6、ついにきた!!外反母趾の指の痛み!

そのまま時が過ぎ、私の足は横アーチが広がったまま指を使えない状態が続くことで外反母趾はゆっくり進行していました。ある日、親指が痛くて眠れないようになってしまったのです。

おろかな…痛みがでるまでその因果関係にも全く気付いていませんでした。

7、インソール療法 パーソナルチェック開始!!

①痛みの原因をチェック

私の親指の付け根の痛みは、外反母趾偏平足と過去の捻挫の後遺症とおもわれる足首の歪みからきているそうです。

②足首と踵のチェック

まずは足首と踵のチェック!アーチが崩れて内側に倒れこんでいました。先生が足首と踵の正しい位置を確認中です。

③足裏のアーチの崩れをチェック

足裏のアーチと骨の正しい位置を調べています。落ち込んでいるアーチを持ち上げる骨の位置を確認されています。


④歩き方チェック!

歩き方の変な癖を確認されてました。なんといつもパンプスを履いているので足首と足指が全く使えていない癖がついているそうです(/_;)

神谷「新しい靴を履いたら足首をつかうことを意識してみてくださいね」



⑤インソール製作中!

履くだけで使っていなかった足指を使い、正しく歩けるように

アーチが機能していない所をサポートする為に細かい部品を切って貼ってオーダーメイドインソールを作製していきます。


⑥熟練の技がさく裂!

さらに・・・切って貼るだけじゃなくて、ミリ単位で削って調整。

靴を履いた時に違和感なく、履くだけでアーチが機能するように滑らかにつけていきます。

⑦インソール最終調整!

靴に装着して歩き方をみてもらい、微調整してもらいます。

いったん靴へ装着して再度歩き方をみてもらい修正できているかどうか確認を重ねます。

⑧靴に装着!

さくらリバースのインソール療法は1回作製して終わりではなく、3ヶ月間に3回の無料調整をしながら徐々に歩き方をかえ、正しい筋肉をつけてくので負担なく根本改善が出来ます。


⑨足の悩みだけでなく、肩こり・腰痛・膝の痛みにもインソール療法は効果的



こんなインソールができました!

こちらは、中敷きの裏面作製しています。テープでしっかり上から留めてしまうので日頃患者様もごらんになったことはないかもしれません。

≪作製した治療師の言葉≫

過去の捻挫の影響で不安定さが残る足首を支える為に、アーチが崩れて外反母趾になった足の親指だけに力を集中させ踏み込む歩き方を続けていた為、眠れないほどの痛みがでる外反母趾に進行をさせてしまいました。正しい靴合わせで踵をホールドして踵接地を安定させ、インソールでアーチを作って足首のまねきを促すことで、5本の指にかかる力が分散するように製作しています。

フットケアトレーナー神谷友香(かみや ともこ)


⑩今回インソール療法につかった靴は『アシックス ゲルカヤノ24』

アシックスゲルカヤノのソールは、前後や左右にぶれることを防ぎ、怪我の心配を軽減する重要な機能です。クッション性があるだけだと、倒れこんでしまい走れなくなってしまいますが、ミッドソールを補強することにより、ねじれが発生しないようにもしています。

この靴は、初心者の方がフルマラソンを走る時専用のランニングシューズです。

長時間はしる足をしっかり守る機能をもつ靴だそうです。

つまり、ゲルカヤノの神髄である安定感が、外反母趾などの症状をもつ足を、正しい位置に導いてくれるので、治療にもおすすめなのです。

>>さくらリバースがお勧めする靴についてはコチラのブログもご覧ください

>>足らく美脚スニーカーのご案内


まとめと感想

ここまでかかった時間はカウンセリング+計測+作製も合わせて1時間位でした。

歩き方を先生とはいえ、客観的に見られるのは若干の恥ずかしさもありましたが、映像にうつった自分歩き方をみながら先生の説明を伺うと何故そこへ痛みがでているのか納得!!

自分では絶対に気づかない癖があるので皆様も一度計測(パーソナルチェック)だけでもしてもらう事をお勧めします。

靴は履いていみると

ビックリ!!するくらい足がカ~ルイス!!(←わかる方いますか?)

歩きやすくて夜中の足指の痛みも改善しました。

制服に運動靴は少しまだ抵抗はありますが、出来るだけこの靴で通勤してみようと思います。

インソール療法にご興味がある方は詳しくはこちら

お近くのさくらリバースのはこちらから


☆さくらリバース治療院 瑞穂 名古屋市瑞穂区佐渡町1-23-1

☆さくらリバース治療院 高針 名古屋市名東区牧の原1-1512

☆さくらリバース治療院 星ヶ丘 名古屋市千種区井上町50-5



人気記事ランキング

企業情報

タグ一覧

アーカイブ