Original

【骨盤矯正・産後矯正なぜ必要?】骨盤チェックリストの中身を詳しく説明します。

本日は、『骨盤矯正』についてご質問にお答えします。「生理痛で骨盤の歪みと言われたけどどうして?骨盤の歪みチェックリストの中身を詳しく教えてください」という質問がきました。

骨盤のゆがみが、肩の高さや足の長さなどに影響するのは理解できるけど、なぜ、肩こりや生理痛などを引き起こしていることも骨盤と影響があるの?と思われる方も多いと思います。

ぜ骨盤矯正をしたほうがいいのでしょうか?その疑問におこたえします!!まずは、以下の質問に(はい・いいえ)でお答えください。


あなたの骨盤の歪みチェック(1個以上あてはまる?)

≪目次≫

上記の症状に1つ以上該当する方は、骨盤の歪みが生じている可能性があります。

ではそれぞれどんなデメリットがあるのか?1つ1つ見ていきます。


①椅子に座るとき、足を組みたくなる癖がある 

人間のカラダは、内臓も含め左右非対称で重さもちがいます。そこで、骨盤を意識せずにダラッとすわってしまうと、足を組むことで座った姿勢で安定を得ようとしてしまうのです。

足を組んですわることが日常化すると、さらに骨盤がゆがみます。座り姿勢もどんどん悪くなっていってしまう悪循環になります。足を組むこと、お尻の筋肉が引き伸ばされ弱くなっている可能性があります。

■外ももが張って脚が太くなる
■垂れ尻の原因になる可能性がある
■腰痛の原因になる
お尻の筋肉が弱くなり、カラダの横揺れを支えれなくなると、腰の筋肉に緊張が生じます。長時間の歩行・立ちっぱなしの時に腰痛が発生する方は、お尻の筋肉が弱くなっている可能性があります。






②荷物を持つときに、同じ肩で持つ方が安定する(子供の抱っこも同じ向き)

片方だけに負担がかかる状態が長く続くと、左右のバランスが崩れてしまいます。

■肩のゆがみや肩こり、首の痛みなどを引き起こす可能性がある





③出産前とウエストのサイズが変わりズボンがきつくて履けない

※産後6ヶ月頃までが骨盤矯正を行う目安になります。

出産のため、骨盤が開き、周囲のささえる筋肉が緩んでしまっています。産後の骨盤をゆがませたまま放置しておくと、ちょっとしたことの積み重ねで、骨盤のバランスが左右、または前後に歪んだまま戻っていってしまうのです。

■骨盤周辺などの下半身の血行を悪くさせ、太りやすい体質へ導く






④床に座る時は横座り(女の子座り)又はぺたんこ(あひる)座り、体育座りが楽

骨盤が後ろに倒れるように下がっている可能性があります。

■腰まわり・お尻まわりを太らせる原因になる

■とくにこの座り方は、骨盤・股関節のバランスを崩すため、お尻全体が”四角いピーマン型”になり、お尻と太ももの間に脂肪が非常につきやすい






⑤マッサージでは解消できない肩こりや腰痛に悩んでいる

マッサージやストレッチをしてもすぐに戻ってしまう肩こりや腰痛は、骨盤のゆがみが影響している可能性があります。

骨盤の歪みが起こる→背骨が曲がる→筋肉にコリが生じる→肩こり(腰痛)が起きている

  • ■ポッコリおなか
  • ■フケて見える姿勢
  • ■下半身のむくみ
  • ■足のトラブル(外反母趾・O脚X脚、靴の片減り)

痛みがある場合は、自己判断はやめてすぐにご相談ください。








⑥猫背で姿勢が悪いと悩んでいる

上記と同じく、骨盤の歪みが起こる→背骨が曲がっている状態です。

今後、痛みがでてこないように調整をおすすめいたします。






⑦便秘や冷え性、むくみ、生理不順がある

骨盤の中には、排卵・生理・妊娠・出産に関わる子宮や卵巣、体内の浄化に関わる膀胱、老廃物の排泄に関わる直腸が入っています。

骨盤が歪むと骨盤内の血管が圧迫され、これら内臓への血液循環が悪くなり、栄養が行き届かなくなり、老廃物が滞るなどの問題が生じます。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 冷えやむくみ、肌荒れ
  • 不妊・生理痛など女性特有のお悩みにつながる





⑧左右で肩の位置や、腕の長さ、頭の傾きなどが平行でない

無意識のうちに高さや長さが違っていて、それを補修する為に首や頭が傾いてしまっている状態です。

骨盤周辺の筋肉が緊張して固定してしまっているため、しっかりほぐして筋肉の働きを正常な場所に調整してから矯正することが大切です。

  • 左右の肩の高さがそろっていない場合は、左右どちらかの骨盤が歪んで上下している可能性があります
  • 肩甲骨が固まって血流が悪くなり、顔がむくみやすくなる





⑨恥骨や、股関節が痛むことが増えた

恥骨が痛い原因は大きく分けて

  • 妊娠出産のケース
  • スポーツをすることで起こるケース
  • 日常生活での癖が原因のケース

があります。いずれにしても骨盤の歪みが影響していることが多いのですぐにご相談ください。

痛みがある場合は、自己判断はやめてすぐにご相談ください。






⑩生理痛がひどい、生理が重い

子宮から生理が起こるとき(子宮内膜が排出されるとき)に、骨盤がゆがんいると、骨盤に子宮が引っ張られるた、子宮が固くなってしまい酷い生理痛になることがあります。

また、骨盤には子宮や卵巣につながる神経が流れていて、骨盤がゆがむことによって神経の流れが悪くなり、ちゃんとした働きができなくなるのです。

  • 「子宮筋腫」「子宮内膜症」などの病気の原因にもつながるといわれています
  • ホルモンの分泌を左右するので、様々な女性特有の悩みにつながる

生理痛や生理不順などすぐに薬にたよらずに、骨盤矯正に鍼灸を併用できるさくらリバースご相談ください。

痛みがある場合は、自己判断はやめてすぐにご相談ください。




≪骨盤矯正まとめ≫

骨盤矯正は、バキバキだけではだめなのです。

骨盤のゆがみがとれると、血液の循環がよくなって頭痛や肩こり、冷えやむくみ、生理不順などの体のトラブルが解消していきます。

自然にむくみや余分な肉がとれて、スッキリやせていきます。同時に、顔の左右のバランスも整います。

でも大切な臓器をまもる大切な骨盤を、安易に素人同然のようなセラピストに施術をしてもらうのは危険です。

国家資格をもち、きちんと指導をされている治療院でうけてくださいね。

>>>骨盤矯正でお悩みなら、技術力やカウンセリング力で他を圧倒する(口コミサイトNO.1千種区・瑞穂区・名東区)のさくらリバース治療院へ

池田明代 事業本部広報

池田明代 事業本部広報

名古屋市出身。2006年にさくらリバースに入社してから10年以上、治療院業界の広報として経験を積んできました。現在はさくらリバースのWEBコンテンツ作成や、治療院の外部広報活動に加え、毎月1回発行の院内新聞『さくら通信』を11年続けています。さくらリバースのサービスを正しく理解してもらうために切磋琢磨する日々を送っています。

人気記事ランキング

企業情報

タグ一覧

アーカイブ

お得な限定クーポンをお見逃しなく!!