Original

産後のトラブル辛い肩こりの原因と解決法を伝授します!!

産後、ママさんが経験する肩こり!!本当に辛いですよね。産前は肩こりがなかったのになぜ?

産後から肩こりがひどくなったのはなぜ?そんな悩みをもっているママさんは多いのではないでしょうか。そして、肩こりだけではなく首の痛みや頭痛、吐き気やめまい、更に背中の痛みや手のしびれまで悪化してしまうことも少なくありません。

ちなみに私も3児のパパであり、いつも家内の辛そうな生活を目のあたりにしてきましたのでママさん達の辛さを理解しているつもりです。

そんなママさん達に微力ながら手助けができたならと思います。そこで産後のトラブル辛い肩こりの原因と解決方法を伝えたいと思います。

目次[非表示]

  1. 1.1産後肩こりの原因
    1. 1.1.ストレートネック
    2. 1.2.猫背
  2. 2.2産後肩こりの解決法
    1. 2.1.姿勢改善(ストレートネック)
    2. 2.2.姿勢改善(猫背)
    3. 2.3.授乳期の栄養と食事  
  3. 3.3さくらリバースからの提案

1産後肩こりの原因

 産後は、育児による長時間の抱っこや二人の子供を同時に抱っことおんぶ、抱っこしながら荷物をもったり、下を向く姿勢での授乳により首や肩に負担がかかります。

 それにより、ストレートネックや猫背になり筋肉が疲労し血流がわるくなり筋肉が凝り固まり肩こりになります。授乳はママの栄養を赤ちゃんに与えるのでママの身体は栄養バランスが崩れることも原因の一つです。また、育児による睡眠不足や育児家事ににおわれ心身ともに疲労し自律神経が乱れることも挙げられます。

ストレートネック

ストレートネックとは、首の骨がまっすぐになりすぎて重い頭を支えることができなくなることで筋肉や骨、靭帯に大きな負担がかかることにより首や肩に痛みが発生します。育児は下をみることが多く反っている首の骨が前方に曲がりストレートネックになります。

猫背

猫背は、背中かが丸くなりすぎることにより首がストレートネックになり肩が前方変位し、首肩背中の筋肉や骨、靭帯に大きな負担がかかり姿勢がゆがみます。育児は抱っこが続くため、肩が前に背中が丸くなる姿勢になってしまいます。悪化すると亀の甲羅のように硬くなることがあります。


2産後肩こりの解決法

姿勢改善(ストレートネック)

タオルストレッチ                                   

タオルを首の真ん中にあて手前にひっぱり、首をゆっくりと後ろに倒し20秒キープ。これにより首の骨のカーブが再現でき筋肉がゆるみストレートネックが改善されます。

*首に痛みを感じるときは中止してください  

    

姿勢改善(猫背)

①手のひらを前に向け肩を開きます。

②左右の肩甲骨を背骨の方向に引き寄せます。

③両腕を後ろに伸ばし首を後ろにたおします。丸くなった背骨を伸展させることにより肩甲骨の筋肉がゆるみ猫背が改善します。

*肩、腕のいたみやしびれがでるときは中止してください。


授乳期の栄養と食事  

母乳はママさんの食事の内容に大きく影響しますので、良質な母乳がたくさんでるように主食、主菜、副菜をバランスよく取り入れましょう。主食はごはん、主菜は魚・肉・卵・大豆などのたんぱく質の多いもの、副菜は鉄分やカルシウムの多い野菜をとるようにしましょう。 

                      

3さくらリバースからの提案

産後の肩こりは首や肩だけが原因ではなく、骨盤や股関節のゆがみからもなります。さくらリバースは国家資格をもったプロの治療師が、一人一人の身体の状態を見極めオリジナルマッサージ、整体アロマインソール療法を組み合わせた総合治療により治療を行いますのでご安心ください。辛いとき困ったときは一人で悩まず、いつでもお気軽にご相談ください。














後藤忠大  高針院 院長

後藤忠大 高針院 院長

岐阜県出身。3児の父親。課長島耕作にあこがれ20歳で営業マンを勤めるが25歳のとき、薬を使わずに身体を治す魅力にひかれ治療家に転身しました。 全ての方を幸せに豊かな生活を!を念頭におき慢性症状、急性症状、産後の骨盤矯正まで幅広い治療をおこなっています。 1971年生まれ。

人気記事ランキング

企業情報

タグ一覧

アーカイブ