コラム

Web予約
クーポン
Original

【デスクワークによる肩こりでお悩みの方へ】その原因と解消法を教えます!

肩こりは今や子供から大人まで、幅広い世代がなりうる悩ましい症状です。

私たちは重たい重たい頭を常に支えながら生活しています。当然ですが、頭は肩から首、そして頭と繋がっています。頭を支える上で首肩の役割はかなり大きいものになります。

そしてこれまた当然のことですが、私たちは「重力」という負荷が常にかかる環境下で、生活を強いられていることがほとんどです。
重力から解放されているのは水中もしくは宇宙空間にいるときくらいですから。

この「頭の重み」、「重力」の負担が肩こりに大きく影響しています。

PC作業などのいわゆる「デスクワーク」をやられている人に肩こりが多いのは、「頭の重み」と「重力」という負荷が普通の人より肩に対してかなり悪さをしているからなんです。

今回は肩こりのなかでもデスクワークによる肩こりについて、原因を追及し、さらにその解消法をいくつかご紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.1.デスクワークによる肩こりの原因となる悪姿勢とは?
  2. 2.2.デスクワークによる肩こりを解消する(緩和する)方法
    1. 2.1.【ポイント1:肩甲骨の前に背骨にアプローチ】
      1. 2.1.1.●肩こり解消エクササイズ① キャット&ドッグ
    2. 2.2.【ポイント2:骨盤を前傾させよう!】
      1. 2.2.1.●肩こり解消エクササイズ② 骨盤前傾エクササイズ
  3. 3.3.まとめ


1.デスクワークによる肩こりの原因となる悪姿勢とは?


イスに座り、デスクに向かう姿勢。イメージをしてもらうと わかると思いますが、写真のような感じになる人がほとんどかと思います。(程度は違えど)

横から見て
①頭の位置が前方に
②背中が丸まり肩が内巻きに

冒頭でもお伝えしましたが「頭の重み」「重力」の負荷が肩こりを引き起こす、大きな要因のひとつです。

①の状態になると頭の重みは重力と共に、首にのりかかるかたちになります。頭が落ちないように主に首、肩の筋肉でより支えなくてはなりません。この状態で1日8時間近く毎日過ごすわけですから、首、肩の筋肉は日に日に疲労し、肩こりにつながっていきます。

さらに頭から首、肩と連なるわけですが、背中はいわゆる猫背、肩は内巻きになりその姿勢のまま、固まっています。

この①、②の姿勢がいわゆる肩こりの原因となる悪姿勢です。

さらに腰、骨盤あたりまで視野を広げていきましょう。

③背中が丸くなる状態から腰まで丸くなっています。
骨盤も後方に傾く、いわゆる後傾した状態です。

①、②、③はバランスを取り合った結果、このような姿勢となっています。

つまりこの悪い姿勢を改善することが、肩こりを解消することにつながります。


2.デスクワークによる肩こりを解消する(緩和する)方法

【ポイント1:肩甲骨の前に背骨にアプローチ】

背中が丸くなり肩が内巻きの状態、肩甲骨は外に開いて固まった状態となります。よく肩甲骨を動かすといいと言われますが、背中が丸まったままで肩甲骨は動かせるのでしょうか?答えはNOです。肩甲骨は背骨が丸まった状態からある程度反る、しなる状態でないと、うまく動きません。なので肩甲骨の前にまずは丸まった背中(背骨)にアプローチします。


●肩こり解消エクササイズ① キャット&ドッグ

  • 1.四つん這いになる


  • 2.背中を丸めていく。あごを引き、背中を天井に近づけていく。(猫が背中を丸めるように)


  • 3.最大まで背中を丸めたら、逆に背中を反らせていく。頭は上げる。(犬が伸びをするように)


  • 1~3を10回繰り返します。


【ポイント2:骨盤を前傾させよう!】

前述した悪い姿勢において骨盤部は後方に傾いてしまっています。(後傾)

実は肩からは離れていますが、座面に接している骨盤部の改善も必須です。

骨盤が後傾した結果、バランスを取るように背中が丸くなり・・・という可能性も大いにあるからです。

ですので骨盤を後傾→前傾(前方に傾ける)させることはすごく大切です。


●肩こり解消エクササイズ② 骨盤前傾エクササイズ

  • 1.イスに座る
  • 2.背中を丸めて、骨盤を後傾させたいわゆる猫背の悪い姿勢をとる



  • 3.腰に手をあてて、ゆっくり骨盤を立てそれに伴い背すじも伸ばす

         ※この時に腰が反りすぎないように注意


1~3を10回繰り返します。

バランスボールに乗った状態でやることで、インナーマッスルにも刺激が入り、

より効果が高まります。


3.まとめ

1日8時間近く、机に向かい仕事をするということは、

同一姿勢で頭の重み、重力という負荷に耐え続けなければならない過酷な環境だと

いうことを認識しましょう。

その時の姿勢が崩れることで、負担は倍増しより肩こりなどの症状を悪化させます。

今回は悪い姿勢を改善するためのエクササイズをお伝えしましたが、デスクワークによる肩こりを

楽にするためには、とにかく「からだを動かす」ことが重要です。お仕事の合間、休日などは少し

でも運動をする習慣を心がけることをおすすめします。









樋口修弘 瑞穂院 院長代理

樋口修弘 瑞穂院 院長代理

岐阜県中津川市出身 鍼灸師 中学から始めたバレーボールを通じ、スポーツに関わる仕事を志し、鍼灸師となる。大学卒業後は年間15万人の患者が来院する名古屋市のさくらリバース治療院に勤務。10年間勤め、延べ4万人もの患者の健康に携わる。現在もさくらリバースの本院である、瑞穂院にて勤務。 昭和61年5月17日生まれ 平成21年帝京平成大学 ヒューマンケア学科 はり灸・トレーナー専攻卒業 


よく読まれている記事

最近の投稿

総合治療院ってどんな所?総合治療院 さくらリバース(名古屋 千種区 名東区 瑞穂区)  

総合治療院という言葉をきいたことがありますか?今年創業20年を迎えたさくらリバースは、20年前からこの形式で治療院を運営しており「総合病院」にたとえて「総合治療院」という名称を使いだしたのはさくらリバースがはじめてです。

【名古屋】履くだけマッサージ!室内履き(AKAISHI)取扱い開始

外反母趾やO脚・足のむくみなどの悩みに対応した履きやすく疲れにくい靴と、健康サンダル・オフィスサンダルの定番アーチフィッターのメーカー、株式会社AKAISHI様のお取扱いが始まりました。オフィスやお部屋ではくスリッパをお探しの方へ朗報です。

肩こり解消!整体をお探しなら名古屋のさくらリバースへご相談

名古屋駅から地下鉄東山線『星ヶ丘駅』徒歩3分・桜通線『瑞穂区役所駅』徒歩2分にある肩こりの根本改善で評判の さくらリバース 治療院です。名古屋に3院 瑞穂院(瑞穂区佐渡町)・星ヶ丘院(千種区井上町)・高針院(名東区牧の原)にあり、年間来院数延べ15万人、毎月新規100名以上来院される圧倒的な技術力と評判の治療院です

【名古屋市】外反母趾が痛むのでインソール療法を体験してみた

外反母趾で親指が痛くて寝れない私。そこでフットケアトレーナーの神谷先生に相談して普段のヒールをやめて運動靴に変えることにしたのでレポートします!なんと自分でも忘れていた過去の捻挫も原因だったとは!?

産後のトラブル辛い肩こりの原因と解決法を伝授します!!

産後、ママさんが経験する肩こり!!本当に辛いですよね。産前は肩こりがなかったのになぜ? 産後から肩こりがひどくなったのはなぜ?そんな悩みをもっているママさんは多いのではないでしょうか。そして、肩こりだけではなく首の痛みや頭痛、吐き気やめまい、更に背中の痛みや手のしびれまで悪化してしまうことも少なくありません。 ちなみに私も3児のパパであり、いつも家内の辛そうな生活を目のあたりにしてきましたのでママさん達の辛さを理解しているつもりです。 そんなママさん達に微力ながら手助けができたならと思います。そこで産後のトラブル辛い肩こりの原因と解決方法を伝えたいと思います。


カテゴリ