「保険診療(各種保険適用)」とは

Web予約
クーポン

療養費支給申請(健康保険適用)
が可能です。

症状によって各種保険適用されます。
症状によっては、各種保険が適用される場合があります。例えば、急性の症状の場合は、柔道整復師が適切に判断し、五十肩や神経痛のような慢性症状の場合はお医者さまの同意があれば、はり灸保険も適用されます。初回来院時や、症状の改善の状況に応じて、施術の方針をわかりやすくご説明させていただきますのでご安心ください。来院日や症状、請求に関しても電子システム管理していますので明確です。各種保険によって手続きや請求方法もわかりやすくご説明いたしますので、お気軽にお声かけください。

接骨院での健康保険適用(柔道整復施術療養費)

捻挫, 打撲, 肉離れ, 交通事故, むち打ち, 寝違え, 膝痛, ぎっくり腰, ケガのリハビリ, 腱鞘炎, ばね指, オスグット, シンスプリント, スポーツ障害など急性期な症状。

例えば
「子供を変な体勢で抱っこしたようで背中に激痛が!早く治したいです。」
「ゴルフのスウィングで腰に痛みが出て立てません。」
「転びそうになって手をついたら手首が腫れてしまいました。」
「部活で捻挫してしまいました」

保険を使えるのはどんな時?

療養費は、本来患者が費用の全額を支払った後、自ら保険者へ請求をおこない支給を受ける「償還払い」が原則ですが、柔道整復については、例外的な取扱いとして、患者が自己負担分を柔道整復師に支払い、柔道整復師が患者に代わって残りの費用を保険者に請求する「受領委任」という方法が認められています。このため、多くの整骨院・接骨院等の窓口では、病院・診療所にかかったときと同じように自己負担分のみ支払うことにより、施術を受けることができます。

どんな症状の方が対象なの?

整骨院や接骨院で捻挫、挫傷(肉ばなれ等)、打撲、骨折、脱臼の施術を受けた場合に保険の対象となります。なお、骨折及び脱臼については、緊急の場合を除き、あらかじめ医師の同意を得ることが必要
です。

医療証は使えますか?

様々な障害・高齢・乳幼児・ひとり親世帯などの医療費を減免する医療証も適用されます。窓口でご提示ください。

保険を使えるのはどんな時?

子供の手を引っ張った拍子に肘が抜けてしまう(肘内障)も保険治療の対象です。子供が急に泣き出し腕を上げなくなくなった場合はすぐにご連絡下さい。早急に対応させて頂きますこのため、多くの整骨院・接骨院等の窓口では、病院・診療所にかかったときと同じように自己負担分のみ支払うことにより、施術を受けることができます。

自賠責・任意保険(交通事故によるむち打ち症など)

全院ともにWEBにて新規ご予約 24時間受付中 ! 昼通し営業, 土曜営業, (星ヶ丘院は、土曜・日曜営業, 平日20時半まで受付。)無料駐車場10台以上完備でお車でも通いやすい!お仕事で忙しい方や、妊娠中·お子様連れでも安心してご来院いただきやすい環境です。「事故でむち打ちと診断されました。頭痛がして、首から腕にかけてしびれもでます。湿布も薬も効かないので辛いです。」

交通事故によるむち打ち症も施術できます。

整形外科へ通院しても「レントゲンでは異常がない」「痛みが取れない」「湿布して終わり」など、治療効果があまり感じられないケースも中にはあります。痛みやしびれなどの自覚症状を感じたらすぐに施術を受けていただくことをおすすめいたします。当院では全身の筋肉・骨格・関節・神経の状態を診ながらマッサージなどの手技療法、総合治療的観点から早期回復へみちびきます。リハビリに通いたくても働いていると病院の受付時間に間に合わないこともありますが、さくらリバースでは平日は20時まで、土曜日は18時まで施術が受けられます。自賠責・任意保険治療の場合窓口負担ゼロで受けることができます。このため、多くの整骨院・接骨院等の窓口では、病院・診療所にかかったときと同じように自己負担分のみ支払うことにより、施術を受けることができます。

はり・きゅう(鍼灸)保険

「慢性的な神経痛に悩まされています。定期的に鍼をすると楽になるから続けていきたいわ。」
「肩が痛くて上がらないので病院へ行ったら、五十肩と言われました。」

はり・きゅう保険を使えるのはどんなとき?

はり・きゅうの施術は慢性的な痛みを主訴とする疾患の治療を受けたときに一定の要件を満たす場合健康保険の対象となります。
※一定の要件とは
①対象となる疾患名であること
②医師の発行した同意書又は診断書があること
③継続して施術を受ける場合は3ヶ月に1度の同意書の更新が必要

はり・きゅう保険適用疾患名

五十肩
神経痛
腰痛
リウマチ
頸腕症候群
腰痛症
頚椎捻挫後遺症
※神経痛・リウマチなどと同一範疇と認められる慢性的な疼痛についても認められる場合があります。
※病院や整形外科等で同じ対象疾患の治療を受けている間ははり・きゅう保険が適用できませんのでご相談下さい。

労災保険

「勤務時間中に重たいものを持ち上げて、腰を痛めてしまいました。」
「仕事中に脚立から落ちてケガをした。」

業務上・通勤中によるケガは基本的に労災として認定されます。

また、実際に作業中ではなくても、 「 休憩時間 」 や 「 出張中の移動や宿泊 」 も業務上に含まれる場合もあります。(正社員だけでなく、パートやアルバイトなども適用労働者となります。)労災保険治療適用の場合、治療費は全額支給となります。このため、多くの整骨院・接骨院等の窓口では、病院・診療所にかかったときと同じように自己負担分のみ支払うことにより、施術を受けることができます。

労災にあってしまったら?

受診時に労災保険を使用の旨をお申し出ください。会社の労災担当の方に保険適用の確認が取れましたら、 「 柔道整復師用 」 の労災用紙をもらい、必要事項をご記入いただきご提出ください。

スポーツ傷害保険(日本スポーツ振興センターなど)

「部活でこどもが捻挫をしてしまいました。給付金を請求したいので「医療などの状
況」書類はかいてもらえますか?

日本スポーツ振興センターの災害共済給付制度も適用されます。

学校の休憩時間や体育の時間などで子供が「けが」をすることがあります。日本スポーツ振興センターの災害共済給付制度とは、子供が学校の管理下で「けが」などをした時に、保護者に対して給付金(災害共済給付)を支払う制度です。給付金の支払請求は、学校の設置者がセンター(各地域の給付担当課)に対して行い、給付金はセンター(各地域の給付担当課)から学校の設置者を経由して児童生徒等の保護者に支払われます。また、保護者も学校の設置者を経由して給付金の支払請求をすることができます。医療などの状況書類が必要な場合は、受付までお申し出ください。