接骨院での健康保険適用(柔道整復施術療養費)

療養費は本来患者が費用の全額を支払った後、自ら保険者へ請求をおこない支給を受ける「償還払い」が原則ですが、柔道整復については例外的な取扱いとして、患者が自己負担分を柔道整復師に支払い、柔道整復師が患者に代わって残りの費用を保険者に請求する「受領委任」という方法が認められています。このため、多くの整骨院・接骨院等の窓口では、病院・診療所にかかったときと同じように自己負担分のみ支払うことにより施術を受けることができます。

様々な障害・高齢・乳幼児・ひとり親世帯などの医療費を減免する医療証も適用されます。窓口でご提示ください。

子供の手を引っ張った拍子に肘が抜けてしまう(肘内障)も保険治療の対象です。子供が急に泣き出し腕を上げなくなくなった場合はすぐにご連絡下さい。 早急に対応させて頂きます。

交通事故によるむち打ち症も施術できます。

「事故でむち打ちと診断されました。頭痛がして、首から腕にかけてしびれもでます。湿布も薬も効かないので辛いです。」

労災保険

「勤務時間中に重たいものを持ち上げて、腰を痛めてしまいました。」
「仕事中に脚立から落ちてケガをした。」

鍼灸保険(はり・きゅう療養費)

スポーツ傷害保険(日本スポーツ振興センターなど)

「部活でこどもが捻挫をしてしまいました。給付金を請求したいので「医療などの状況」書類はかいてもらえますか?