打撲

打撲の施術内容

多くの場合は内出血が発生しますので受傷直後はRICE処置を徹底します。48時間を経過し痛みが軽減してきたら施術(治療)を開始します。内出血は東洋医学的に「瘀血」という悪い血が溜まった状態です。内出血を取り除き、傷んでしまった組織の回復を促すため、鍼やお灸を用いて「瘀血」を改善する経穴(ツボ)に施術を行います。また組織の癒着を剥がし血液の循環を良くするす筋膜リリース(メディセル)も効果的です。

打撲の症状

打撲とは体の一部をどこかにぶつけたり、転倒したりすることによって筋肉が損傷するケガのことで「打ち身」とも言われます。
主な症状は痛み・腫れ・青あざ(内出血)などです。軽度の打撲の場合は日にち薬と呼ばれるように一定期間の後問題なく治りますが、強くぶつけることにより筋肉内で出血して腫れや強い痛みが起こり日常生活に影響が続く場合があります。


打撲の予防&対処法

突発的な負傷は残念ながら誰にでも起こりえます。しかし転倒を想定した場合、万が一の瞬間に瞬発的な転倒回避の動きがとれると打撲のリスクを軽減できます。その際、関節や筋肉の柔軟性をつけること、踏ん張る(踏みとどまる)ことができる筋力を維持することが転倒の予防につながります。
またインソールを入れた靴を履くことで歩行時の体幹が安定し、正しい歩行による筋力UPや転倒を予防する効果が期待できます。
サッカーやバスケットボール、ラグビーなどの接触が多いコンタクトスポーツは特に注意が必要です。既に痛めた部位がある状態で競技に参加した場合、瞬発的な動きに不安がある場合は予めテーピングやサポーターなどで患部のサポートをしておくことも大切です。