変形性膝関節症 - さくらリバース治療院
TOP

変形性膝関節症

変形性膝関節症
施術内容

膝の周りの筋肉を中心にマッサージをすることで血行を良くするとともに、筋肉を柔軟にし、膝の動きをスムーズにします。
また、はりをすることで炎症を抑え、痛みを落ち着かせます。そして膝にテーピングやサポーターをし、同時に正しい足のサイズを知り靴の見直しやインソール療法を行い、正しい歩行を身に付けていただくことで、歩行時の痛みを軽くします。

症 状

膝関節は曲げ、伸ばし、ねじれといった動きに加え、日々自身の体重を支えているので、普通の生活をしているだけでも消耗していきます。変形性膝関節症は、こうして長い間使われてきた膝の軟骨が変形したり、すり減ることで痛みが起こるものです。膝には、骨と骨の間にクッションの役割をする軟骨があります。この軟骨は、老化によってもろくなってきます。また体重の増加や激しい運動などにより膝への負担が多くなると変形が進行していきます。症状としては以下のものが挙げられます。

  • 膝に違和感を感じる
  • 痛みが強くなり、膝の曲げ伸ばしがしにくく、正座などがつらくなる
  • 痛みがさらに増し、日常生活に支障がでるほどになる。

症状の進行に伴い膝の変形が目立ってきます。

原 因

変形性膝関節症は、多くの要因が重なって膝への負担となり起こります。

  • 加齢
  • 体重の増加
  • 筋肉の衰え
  • 足に合わない靴、ハイヒールなど

その他にリウマチや膝のケガ(捻挫など)が原因の場合もあります。

予防&対処法

痛みがでたら、早期の治療が必要ですが、それ以外に日常生活の見直しや膝の負担を軽くする工夫が必要です。

  • 適正な体重を維持しましょう(食生活の見直しなど)
  • 適度な運動をしましょう(筋肉の柔軟性を高めます)
  • 足に合った靴を選びましょう(歩行時の負担を減らす)
  • 入浴やサポーターなどで膝を温めましょう(血行の促進)
Copyright © さくらリバース治療院