X脚・O脚

X脚・O脚の施術内容

当院では、こうした患者さんに対して、一時的な矯正や危険を伴う手術よりも、もっと自然なフットケア「インソール療法」をおすすめしています。

当院が導入しているJIL(ジャパンインソールラボ)による治療は、靴、足の状態、歩行特性のチェックを念入りに行い、それぞれの患者さんに合った靴選びとインソール(靴の中敷き)の調整を行います。足の裏にある三つのアーチをきちんと機能させ、歩行の癖を治していくことが目的。時間はかかりますが、O脚もX脚も必ず改善しますし、正しい歩き方が出来るようになり、バランスの良い歩行を体験することで、生活すべてに自信が持てるようになったという患者さんもいらっしゃいます。

インソール療法 ・フットケア

X脚・O脚の症状

O脚(内反膝とも言われる)とは
両膝が外側に彎曲した状態で、左右の内くるぶしをそろえても、左右の膝の内側が接しないものをいいます。

X脚(外反膝とも言われる)とは
両膝が内側に彎曲した状態で、左右の膝の内側をそろえても、左右の内くるぶしが接しないものをいいます。
O脚・X脚はみためだけの問題ではありません。さまざまな症状の原因になることもあります。

O脚・X脚に関連する症状
腰痛 ・膝痛 ・肩こり ・むくみ ・冷え症 ・足のだるさ ・外反母趾


X脚・O脚の原因

人は生まれつきみんなO脚で生まれます。それが歩き始めると徐々にまっすぐになっていき2歳から6歳にかけては逆にX脚傾向となります。
その後、O脚・X脚の傾向は減少し、7歳ぐらいで成人の脚に近くなります。
通常、人の足は年齢と共にO脚とX脚を繰り返し自然に矯正されますが、歩き方や座り方の癖や生活習慣の積み重ねが骨盤の歪みや、筋肉のつき方にかたよりを生みO脚やX脚を形成していく場合があります。


X脚・O脚の予防&対処法

よくない姿勢により骨盤が歪み筋肉のつき方がおかしくなっている方が大半です。
それを、マッサージ・鍼灸・整体等の治療で歪みを正し、筋肉を緩めることにより改善していく場合もあります。